【日本刀 逸話伝説】東照宮を日光に建てた理由って?家光の想いとは

日光に何故、東照宮を建てたの?

164129

日光は、江戸幕府に取っては宗教的にも最も重要な場所だったからです。

三代将軍徳川家光にとって、政治的な意味合いと、

祖父の家康への強い思いがあったからです。

特別な地だったんですよね。

 

楽天市場

家光の感情的なもの

家康を強く崇拝して、父である忠秀には反発していました。

父である忠秀の建てたものをほとんど全部廃止して、新築に近い改装は、

家光の感情的なものでしょうかね。

 

徳川開幕後の不安定な政権の中で、

家光の威信を示す政治的な意図があったのかも知れません。

全額負担は徳川家ですから。

56万8千両 銀100貫目、お米が1千石ですから。

すごいですよねー。

 

日光東照宮を建てた理由は、徳川家康を祀る為ですけれど、

世界遺産になっている理由はね、人類の歴史上重要な時代を例証する建築物郡、

技術の集積や景観の優れた例としてあげられています。

 

陰陽道の影響を受けている日光東照宮は本殿前に設けられています

陽明門と鳥居を中心に結んだ上空に北極星が来るように造られていますよ。

その線を真っ直ぐ行けば江戸です。

 

主要な線で結ぶと北斗七星の配置と余り変わらないように造られているんです。

日本一運気の良い、強い場所って言われています。

きっと、家光は家康に感謝しているんですよ。

 

恩返し

家康の一言があったから、三代将軍の座につけれた恩返しって思うとロマンチックですよね。

徳川家康の資金ですけれど…。

本当は二代目将軍の秀忠の長男と次男の国松のどっちに

三代将軍にするって揉めたんですよね。

 

でも、戦国時代ですからね。

戦国時代を知っている人物が選らばれることは珍しいことではなかったんです。

そうしないと戦国の世を生き抜いていけれないから。

跡継ぎ問題はいつの時代も変わらないって思ってしまいました。

 

楽天市場

まとめ

ただ、徳川家には幼少の名が「竹千代」って多いって思います。

家康もそうですけれど、家光も竹千代です。

二代目将軍の秀忠も幼少の名は竹千代。

四代将軍家綱も竹千代、十代将軍も竹千代です。家治ですね、十代将軍の名は。

 

謎多き名前ですね。家康への強い想いから来ているのなら、

それだけ家康って尊敬されていたっていうことですけれど。

徳川幕府を開いた時から、尊敬はされているから十五代まで続いたんですけれど…ね。

 

家光は病気がちだったから、親の愛情が薄いんです。

家康のことを家光はどう想っていたのか少しだけ同じ境遇ですから、分かる気もします。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ