【日本刀 逸話伝説】戦国武将になぜ幼名があるの?その理由とは

幼名がある理由って?

15cb575d3d6b4ec0ea95e1928a66da16_s

幼名は生まれてから成人して普通の名前をつけます。

当時は幼名のことを元服って言っていました。

これは、本来は一族の守り神の氏神の神社で行っていたんです。

神様に一人の人間として名をもらう儀式のことですね。

宗教的な考え方ですけれどね、当時は、乳幼児の死亡率が高かったんです。

 

楽天市場

幼名がある理由:成人すること自体珍しい

織田信長なら、元服するまでは吉法師とか、

家康が分かりやすいですけれど、竹千代ですよね。

戦国時代ですから、人質にされたり、剣術は慣れていませんから、

殺害されることもあります。

 

今は医学が進歩していますから、

想像することはとても難しいって思いますけれど、

当時は成人すること自体珍しいことだったんです。

だから、子供が生まれても立派な名前をつけることって無意味にもされていたんですよ。

 

成人して普通に名前をつけるようになっています。

それだけ、医学が進歩していなかったっていうことです。

戦国時代ですから、そういうことも出来なかったのかも知れませんけれど。

武将で馴染みがあるよっていう人物は、牛若丸ですね。

源義経ですけれど。

 

成人するまでは生きるか死ぬかの時代

色々な苦労があって、そういう歴史の中で亡くなった人もいたんですよね。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は有名ですけれど、幼名はあります。

そういう厳しい世の中を渡って来たことが当たり前に思っている人達もいます。

 

成人するまで苦労して、成人してからも苦労することが当たり前の時代だったんです。

時代劇なんかで簡単に大人が出て来ますけれど、この人達も本当は、

成人するまでは生きるか死ぬかの時代背景を生き抜いて来たんですよね。

 

本当に今の時代って幸せなんですよ。

きっと、そういうことを知らない人は多いって思います。

家康が徳川幕府を開いたくらいの考え方だと思っています。

家康程、人質にされたり、たらい回しにされた人物って分かりません。

 

楽天市場

まとめ

でも、そういう歴史があるから今があるっていうことを分かって欲しいって思います。

昔は当たり前のことが当たり前ではなかったんです。

今日を一生懸命生き抜いて、明日を迎えていたんです。

 

神の子っていう宝ですけれど、今の時代はおかしいって思います。

育児ノイローゼ、赤ちゃんポストってなんでしょ?

 

皆さんにも子供時代があって、お父さん、お母さんを困らせたこともあるって思います。

それが子供ですから。

そういう面のみ、戦国時代の人達を尊敬してしまいます。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ