【日本刀 逸話伝説】江雪左文字は貴重な日本刀ですよ!

江雪左文字

ff3326410f597b5ea9954982e1ad83e0_s

この日本刀は左文字っていう人物が作った刀です。

なんぼく朝時代の初期ですから、とても古いんです。

太刀の部類に入りますね。

 

楽天市場

江雪左文字とは

左文字って人が作った日本刀は任侠が高くて贋作もあります。

南北朝時代ですから、やっぱり短刀が多く作られています。

その中で唯一の現存する日本刀、そして太刀として江雪左文字は貴重なものだったんですよね。

 

左を銘切りする刀工を左文字っていうんです。

左文字一派は左衛門三郎の略なんです。

江雪左文字は「筑州住左」って銘を切っています。

江雪左文字は板目の積んだ鍛えが特徴で、匂口が深くて明るく、沸くが突き上げています。

 

逸話

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

江雪左文字は南北朝時代に作られて、

北条家支流田中泰行の子供の北条氏家臣の板部雪斎から、

徳川家康に献上されたって逸話があるんですよね。

本当は豊臣秀吉に献上する約束しているんですけれど、約束は守れなかったんです。

結果的に首を切られることになってしまうんですけれど、

豊臣秀吉は江雪の才能を気にいっていたので許すんです。

 

豊臣秀吉の死後、徳川家康とともに関ヶ原の戦いで従うことになりました。

その後は徳川家康から、徳川頼宣に渡っています。

江雪左文字は江雪が愛用した刀っていうことで名付けられました。

有名ではないって思います。聞いたことが余りない日本刀ですから。

でも、国宝ですよ。

貴重な日本刀なんです。

 

楽天市場

まとめ

日本刀は色々ありますから、ややこしいんですけれどね、

でもこういう貴重なものはきっと使用は勿体ないって思います。

時代が時代ですから仕方のないことですけれど…。

古刀の中では大人気だった日本刀です。

左文字はたくさんありますけれど、やっぱり格好いいって思ってしまいますよね。

日本刀って本当に何でこんなに素敵何でしょうね。

 

上杉謙信の鶴姫一文字も素敵ですし、日本刀の美しさに吸い込まれています。

色々な名刀もありますけれど、やっぱり名前も格好いいですよね。

私も一口本当に欲しいって思っています。

お金ありませんけれど…。

 

正確には末古刀ですけれどね、貴重な日本刀なんですよね。

意外に知られていない日本刀です。

知っている人は知っているくらい古いっていうことですね。

この一口しかないっていう所が貴重な日本刀なんですよ~。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ