【日本刀への想い】日本刀は種類多いけど鎌倉時代の物が最高

日本刀の一番良いのは鎌倉時代

5b739e6084f7eae94f47c170a6c49eac_s

本刀の一番良いのは鎌倉時代

日本刀は初めは平安時代に誕生しました。

きっと、時代が進むに連れて良い日本刀が作れるって思いますけれど、

日本刀の場合は逆です。

 

時代とともに退化

日本刀誕生してからは直刀だったんです。

源平の終わって、鎌倉時代になってからは武家政権の幕府は刀の生産を奨励しました。

全国から色々な刀工が集まって創成期から初めて本格的に試行錯誤をして

日本刀を作り出しました。

 

又、地金が面白いっていう考え方もたくさん増えていったんです。

普通なら、時代も近代化して来ました。確かに全てがそうだってことはいえれませんけれど、

日本刀は残念ですが、時代とともに退化していきました。

 

これは、あくまでも芸術や、工芸に対しての意見ですけれど、

芸術文化には「全盛期」っていうものがあります。

絵画、陶芸など諸芸術のジャンルをみても数百年前には制作出来ても、

今それをやってみてと言われても出来ないんです。

そういうことってたくさんあります。

美術工芸品っていうものは同じものを作る。って出来ないんです。

 

理由は色々あります。

師匠が弟子に全く同じ技術を伝えることが不可能、

弟子が未熟で師匠に追い付かないとか。

でも時代の流れがそれを求めていなかったんだって思います。

その時の体調にもよりますけれどね。

最終的には芸術文化には一つのジャンルに変化していきますから。

 

言えることは

ただ言えることは、どれが最高ですっていうことはいえれません。

人によって異なりますから。

鎌倉時代が最高っていう人もいます。

他の時代の日本刀が最高ですっていう人もいます。

 

鎌倉時代の刀剣が珍重されるのはなかった理由は一つともしてですけれど、

「数が少ない珍しいもの」ってわけいう人も少なからずありますけれどね。

鎌倉時代の日本刀は美術工芸品としては最高だと思います。

斬ることよりも美しさを重視して作れていますから。

 

ですけれど、昭和刀何かは耐久面においては素晴らしいって思いますし、

本当にこればかりは趣味嗜好の問題だと思います。

 

まとめ

鎌倉時代の日本刀が最高だと思いますけれど、それはあくまでも美術的な問題ですから、

深く考えない方が良いと思います。

 

自分の好きな刀は自分だけが大切に思っていれば良いって思います。

鎌倉時代の日本刀が必ずしも新刀や新々刀よりも出来が

良いっていうことは絶対にありませんから。

 

目次(サイトマップ)

 

 



麒麟がくる(大河ドラマ)あらすじ・キャスト相関図と見逃し配信は?



大河ドラマ(麒麟がくる)で明智光秀をやってますね!

これはなかなか見ごたえありますね。

このドラマをさらに楽しむには以下のNHK大河ドラマガイドを持っておきましょう♪

麒麟がくる 前編(1) (NHK大河ドラマガイド) [ 池端 俊策 ]

さらに見逃し配信もお忘れなく!

U-NEXT

31日間無料トライアルの特典があるのといつでも解約できるのがいいですね!



戦国武将について分かり易く学びたい時は!

戦国武将についていろいろ調べたいのだけど、小難しいのは無理!

とっつきやすく、ビジュアル的に分かり易い本とかないの?

という時はコレ⇒超ビジュアル! 戦国武将大事典

ゲームから入りたい!

という場合はコレ⇒信長の野望・大志 with パワーアップキット -Switch






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ