【日本刀への想い】二度と作れない日本刀。日本の歴史文化を大切に!

環境の変化?で二度と作れない日本刀

7526657036_733d2c2a90_z

日本刀って言うと最近では、世の中が便利になってしまい、当時の日本刀も槍や弓、

そして拳銃等の発展によって衰退化してしまいました。

事実、私が日々思っていることは、日本刀を知らない人は日本刀を良く語っていますけれど、

日本刀を知ってる人は日本刀を語らないのですよね。

本当に残念に思っていますけれど、今では貴重な歴史文化として大切に保管されています。

 

楽天市場

もう二度と作れない

日本刀ってもう二度と作れないんです。

模造刀等も規制がありますけれど、あれは正確な表現で言えば、

「日本刀に似た形をしたただの鉄」なんですよ。

それだけに貴重なものだと思っています。

古刀から鎌倉時代に作られた刀は現代ではもう作れないんですよね。

再現不可能なんですよ。

 

一子相伝

刀作りは一子相伝と言って、良い弟子一人のみに伝えられるもので完全な秘密だったのです。

日本刀は時代によって「古刀」「新刀」「新々刀」「現代刀」の4つに分けられます。

そのうちの「古刀」は再現出来ません。

理由は製法が現在まで残されていないからなんですよね。

古刀を再現しようと研究されていますけれど、当時の鉄がどのようなものなのか未だに分かっていません。

 

特徴

刀を切断して研究していますけれどね、固い鉄と柔らかい鉄が一つの塊になっていて成形されているのが

古刀の最大の特徴で、全体的に柔らかいけれど、折れなくてよく切れるのが特徴です。

それに対して全体的に固いけれど、よく折れるのが古刀意外の日本刀の特徴なんです。

日本刀にもそれぞれ特徴があって、地鉄も様々なのです。

古刀から鎌倉時代までの日本刀は現代では再現不可能なんです。

レントゲンにかけてみたり、色々な研究をされて来ましたけれど、

未だに分かっていない貴重な歴史文化です。

楽天市場

まとめ

時代が便利になっていったことが環境を変えてしまったのではないかなぁって思っています。

もう二度と作れない日本刀は日本の歴史文化だと思っています。

オークション等で良く見掛けますけれど、本物であっても、偽物であっても、

大切にして欲しいと思う私ですね。

 

世の中が便利になればなる程、失われていっているものも、あることに気付いて欲しいと願っています。

日本の歴史を大切に、失われていっているものに一人一人が気付いて欲しいと思う気持ちは空回りですけれど、

失ってからでは手遅れだということも考えて欲しいと思います。

 

たかが日本刀にいえたことだと軽視しないで、日本刀意外にも失われていっているものも

あるということに気付いて欲しいと思う今日この頃です。

 

目次(サイトマップ)

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ