【日本刀への想い】天下五剣に遅れた日本刀!天下五剣に選ばれなかった訳

天下五剣に遅れた日本刀

3309071612_f521c04a28_o

日本刀には天下五剣というものは存在はしないけれど、日本刀があります。

童子斬安綱、鬼丸國綱、三日月宗近、大典太光世、数珠丸恒次

大包平だけど、長大で身幅が広くて重量感がありそうなだけどね、重ね薄で同銘中の

白眉と言われています。

日本刀の中では間違いなく1.2を争う名刀ですね。

 

楽天市場

大包平とは

備前岡山主藩主の「池田輝政」が「一国に替え難い」と言っています。

池田輝政が「刀より臣」を大切にしていたけれど、この太刀だけは信念を破って購入しました。

代々池田家の重宝となって明治まで伝えられています。現在は国宝です。

包平は古備前の刀工です。高平、助平、と共に「古備前三平」って呼ばれています。

その中でもこの太刀は健全無比の大傑作で現在では日本刀中屈の代表作の一口で、

日本一の名刀とさえ言われています。

 

なぜ天下五剣に選ばれなかったの?

天下五剣に選ばれなかった理由は、所説がないんですよね。

伝説に由来するものがないんですよ。

例えどんな名刀や名物でも出来が優れているだけでは駄目なんです。

天下五剣に入ったから凄いというわけではないんですけれど。

正宗や村正、長曾根虎徹も名刀ですけれど、入っていません。

由来や伝説、所持した人物等々はっきりしていないからです。

 

その上贋作が出回りどれが本物なのかもわからないくらいになってしまったからです。

私が思うのは、こういう日本刀の方が天下五剣よりも上に感じます。

実戦で使われていますし、人気も高いですから。

素晴らしい日本刀ですけれど、由来よりも実戦で名を上げたものを日本刀って

呼びたいと思っています。

日本刀に代わりはないんですけれど。

数珠丸よりも絶対上だと思いますよ。他にも名刀はたくさんあります。

 

楽天市場

出来ることならもう一度見直しを

日本刀自体の価値を下げるようなことはあまりして欲しくないんです。

ただでさえ、槍や弓、鉄砲使用が増えた為に、日本刀の価値は衰退化していったんですから。

天下五剣は後付けですけれど、名前を聞くだけで凄いイメージがしますよね。

事実、対して変わらないと思いますけれど、ここで私が言っても意味はないことは分かります。

 

でも、もう一度見直しをして欲しいと思っていますけれど、これも難しいんですよね。

趣味嗜好や好みがありますから、かなり揉めると思います。

日本刀に費やす時間は多分、今の時代ではないと思います。

仕方のないことですけれど、願うのならもう一度見直しをして欲しいと願っています。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ