戦国武将の名言に学ぶ!徳川家康「己を責めても人を責めるな」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!徳川家康「己を責めても人を責めるな」の意味とは?の記事です。

480576

【己を責めても人を責めるな】

「徳川家康」

徳川家康の名言には脱帽です。

体験していますからね。家康自身。

凄い重味があるんですよね。

 

楽天市場

徳川家康「己を責めても人を責めるな」の意味とは?

良い事もありますし、何故でしょうか?悪い事って結構長く続きますけれど・・・。

人が失敗してしまっても、自分自身に過失はなかったの?っていう意味です。

それを今の世の中では「反省:の二文字になっていますけれど、

確かに言われて気付く事って多いですよね。

人を責める前に、自分自身に非はなかったの?っていう名言です。

 

戦国武将の名言に学ぶ!徳川家康だからこそ

若い頃の家康はね、とても天下人には程遠い存在でした。

そういう世の中を渡って来て家康がいけなかったしたり、

成功したりの毎日があったからこそ言える言葉って思っています。

家康に取っての幸せはいつの時代もなかった気がするのは私だけかも知れません。

徳川幕府を開いたからって幸せではなかったって思っています。

ただの基盤を後世の為に作ったっていうだけに思うけれどです。

本当はね、もっと早く徳川幕府も開きたかったっていう気持ちが感じる?

は私だけかも知れませんけれど・・・。

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!徳川家康 まとめ

戦国武将の名言に学ぶ!徳川家康「己を責めても人を責めるな」の意味とは?まとめ

家康の苦労はきっと人生最悪って思っています。

そういう事があった?こそ徳川家は長く続いたのかも知れませんけれど、

名言には重味を感じています。

人は家康を卑怯者って言いますけれど、明日を生き延びる時代に

卑怯は関係無いって思う私です。

綺麗事ばかり言っていますとね、吉田松陰みたいになりますから。

高杉晋作大丈夫かな?

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ