戦国武将の名言に学ぶ!織田信長「攻撃は一点に集約しろ」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!織田信長「攻撃は一点に集約しろ」の意味とは?の記事です!

Print

【織田信長】

「攻撃は一点に集約しろ 無駄な事をするな」

 

戦国武将の名言に学ぶ織田信長「攻撃は一点に集約しろ」意味

この言葉はね、事実ですね。

私は高校生の時、バスケ部でしたから。

相手チームの数ある弱点を突くっていう事は大切ですけれどね、

基本的に、「一点攻撃」の方が良いんですよね。

ワンパターンって思われますけれど、人間って結構単純に出来ていますから。

この言葉って凄く共感しますね。

 

狙い撃ちです。

この一点攻撃っていう意味って、「一つの攻撃パターンをしましょう。」

っていう意味ではないんです。

「狙い撃ちしましょう」っていう意味なんですよね。

信長もやっていたんですねって今気付きましたけれど・・・。狙い撃ちです。

信長の場合は多分ですけれど、「信長包囲網」から自然にこういう戦法に

変わって行ったっていう表現が正しいのかも知れませんけれどね。

 

全てが敵でしたから。

前後左右相手をする事よりも、一つに集中攻撃していかないと、

信長の場合はきっと突破口が無かったって思っていますから。

それでこういう名言ですねって今思っています。

 

戦国武将の名言に学ぶ!織田信長 まとめ

織田信長って実際は凄い人物って思っています。

「天下」っていう事を考えた武将って少ないって思いますし、実際に、

それを行動した人物って「織田信長」が初めてなんですよね。

時代を変えた人物なんです。

歴史に名前が残って当たり前の人物ですけれど・・・当時の信長にはきっと、

「天下」はまだ早かったって思っています。

上杉、武田ってまだまだ上がいましたから。

それでも、それを行動するっていう事に大きな意味があるって思っています。

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ