戦国武将の名言に学ぶ!真田信繁「関東勢百万も候へ」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!真田信繁「関東勢百万も候へ」の意味とは?の記事です!

383395

楽天市場

【真田信繁】

「関東勢百万も候へ、男は一人もいなく候」

戦国武将の名言に学ぶ!真田信繁「関東勢百万も候へ」の意味

関東の兵は数多くいるけれど、男って呼べる程の人物は一人もいない。

大坂夏の陣の時の言葉ですね。

これはね、伊達政宗の兵を退けた時に言った言葉だったって思いますよ。

あり?伊達政宗って仙台だよ?関東違うんですけれどね。

大坂での闘いなら関東ではなくて、関西ってツッコミしている場合ではありませんでしたね。

でもね、真田信繁って美化されていますって言いますけれど、男はきちんとしているんですよね。

徳川家康側につけば、莫大な恩賞。

そして大坂の陣の戦いは、徳川軍23万です。

豊臣軍5万ってもう負け決定ですけれどね、

恩義だけの為に豊臣軍についているんですよね。

そこは真田信繁っていう人物を評価したいって思っています。

 

私なら徳川軍ですよ。

これが本当の「武士道」って言います。

格好いいって思っています。

唯一痛かったのがね、冬の陣で「真田丸」を壊した事と淀君が秀頼を出さなかった事ですね。

真田丸があったからね、なんとかっていう事だけど…

どのみち豊臣家は滅亡する運命だったのかも知れません。

きっとね、それが一番良かったって思っています。

いつまでも引きずるよりも、徳川家に政権はこの時点ではもうありましたから。

関ヶ原で豊臣家は「関白職」を失っています。

朝廷の判断した事ですので、仕方ないんですよね。

でもその為に多くの人が争い亡くなりました。

豊臣家の判断ミスですよね。

素直に関ヶ原で決着はついていますから、徳川家に政権を渡して、

豊臣家で生活するべきだったって思います。

幼い秀頼の命と淀君は自刃する事なかったかも知れませんから。

今になってはもう遅いですけれどね。きっと、秀吉が生きていたならそ

う望んでいたって思っています。

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!真田信繁 まとめ

名言も良いって思ってしまいますけれどね、こういうのは切ないですね。

沖田総司の辞世の句もそうですけれど、切ない気持ちになります。

ただ、何故織田信長の言葉には切なさを感じないのかは分かりません。

余裕を持っている様な感じです。

他の武将はね、分かるんですけれど・・・。

その背景が目を閉じてね、時代背景を考えますと今なぜか八重さんが出て来ましたです。

井戸の上では裁縫はしないで下さいね。

井戸って今の時代あるのかなぁ?

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ