【日本刀 逸話伝説】寺田屋事件、騒動!坂本龍馬とお龍さんの出会い

寺田屋事件と寺田屋騒動

046080

寺田屋事件は坂本龍馬とお龍さんが出会った場所でもあります。

これは二つあるんですよね。

すごく簡単に書くとね、こういうことです。

坂本龍馬はまだ大丈夫ですよ。

近江屋ですからね。

 

楽天市場

寺田屋騒動

まずは寺田屋騒動ですけれどね。

薩摩藩主、島津久光の出兵上京にね、

薩摩藩の過激派の若者が京でクーデターを起こそうって計画していました。

その計画を聞いた久光は同じ薩摩藩に取り締まりを命じたんです。

薩摩藩同士載るの討ちになった悲惨な事件だったんです。

 

寺田屋事件

坂本龍馬は中岡慎太郎に比べると行動が派手だったんですよね。

おそらく幕府は坂本龍馬の主主宰する長崎の亀山車中が薩摩藩の傀儡組織で、

朝敵の長州藩に武器を流しているのではっていう情報を掴んだんだと思いますよ。

坂本龍馬は京都探索の命を受けて長府藩士、三吉慎蔵と一緒に下関を出立。

 

兵庫に到着して、池田蔵太、新宮馬之助を伴って大坂(当時は大坂です)に

入って薩摩藩邸から薩摩の船印を借り受けて、薩摩藩士として、入京するんですけれどね、

坂本龍馬が大坂に入る足取りは諜者を通じて大坂奉行所に報告されていたんですよね。

その夜に上坂していました幕臣、大久保一翁に呼び出されて、

龍馬は大坂から立ち退くように言われるんですよ。

 

坂本龍馬は言われた通りに立ち退き、寺田屋に泊まります。

翌日龍馬は二本松の薩摩藩邸に赴き「薩長盟約」締結に立ち会って、寺田屋に戻ります。

ここで起きるんですよね。

楽天市場

 

深夜2時頃の出来ごとですけれど、伏見奉行数百名に囲まれていたんです。

でもね、お龍さんがお風呂に入っていて、いち早く気付いたから、

このことを龍馬達に知らせるんです。

 

龍馬は拳銃、三吉慎蔵は刀で危機を乗り越えました。

本当に九死に一生だったんです。

その後は伏見奉行とやり取りがありましたけれどね、西郷隆盛の斡旋によって、

薩摩領内に潜伏します。

 

この時にお龍さんとの旅行が日本初の新婚旅行ってされてるんですよね。

お龍さんのお陰様ですよね。良いなぁって夢見ます。新婚旅行って。

新婚旅行っていう気持ちではない坂本龍馬だったと思いますけれどね。

これが寺田屋事件です。

 

まとめ

坂本龍馬も大変な事件に巻き込まれて大変ですけれど、自分から選んだ道ですから、

きっと後悔はしていないって思いますよ。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ