【日本刀 逸話伝説】前田慶次って花の慶次?直江兼続との関係って?

前田慶次って・・・

089342

前田慶次は有名ですよね。

花の慶次っていう漫画ってあったような気もしますけれどね、

実際は小柄な人物だったらしいです。

加賀百万石の前田家の一族ですけれどね、浪人生活をしていました。

 

楽天市場

数々の奇行を重ねた武将

前田家で、末森合戦、小田原攻め、上杉家で最上領からの撤退戦で

功をあげたって言われています。

和漢の文学が得意で、源氏物語の講釈、関ヶ原後に書いた京から、

米沢までの「道中日記」は石田三成の貴重な民容資料にされました。

武将にしては、これをやったっていうことは余り伝わっていない人物です。

 

本名は、前田慶次郎っていうんです。

ただ、たくさん名乗っているから分かりにくいんですよね。

「利益」、「利太」とか。

浪人時代は「穀蔵院飄戸斎って名乗っていました。

前田家の兄の利久の養嫡子で、滝川一益の子供ですね。

 

ただ、前田慶次って漫画になっていますけれどね、若く書き過ぎたんですよね。

利家は老人ですけれどね、実際は同じ年齢くらいなんですよ。

末森合戦救援に成功してからは以降越中佐々方面の最前線を守り武功を建てました。

佐々木成政が降伏して、養父の前田利久が死去した頃、

主君前田利家といさかいを起こしてしまって、前田家を出奔したんです。

 

直江兼続と親交

小田原の陣や奥州征伐など、参加はしていますのでその後の話ですけれど…。

前田利家よりも嫡男の年長っていう不和が深刻だったっていう一説があります。

この時に妻子は金沢に置いていったので、一子前田正虎は、そのまま利家、利長に仕えました。

上洛した慶次郎は、文武の道に己を凌ぐ人物、直江兼続と親交を深めて、

その主君の上杉景勝に心酔したそうです。

 

上杉景勝に仕官して、会津に下ったっていうところが、関ヶ原の前ってされています。

戦乱不可避に成かけた頃、前田正虎は父を金沢に戻るように説得するんですけれど、

受け入れてもらえないまま、縁を切ったっらしいんです。

 

楽天市場

まとめ

慶次郎は、

山形方面の戦いで関ヶ原の敗報を知って猛攻をかける最上勢相手に殿軍を勤めて、

追撃を諦めさせました。

その後の足取りがないんですよね。この前田慶次郎って。慶次ですけれど。

ただ、前田っていう姓を名乗る前の滝川一益の一族は甲賀の忍び出身でした。

だから、忍びの資質を持っていたとも言われていますから、

強かった秘密かも知れませんけれど、

前田慶次のことって本当に記載が少ない唯一の戦国武将だと思っています。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ