【日本刀 逸話伝説】「名刀正宗」と「妖刀村正」!なぜ?本当にそうなの?

「名刀正宗」と「妖刀村正」

caa4b140ef92cfeec74b65828e4b8f8c_s

日本刀って聞くと「正宗」と「村正」この名前が有名だと思います。

パッと思い付くのは、この二口ですね。

江戸時代、有名になった、」この二人は実はお互い名前も顔も知らないんです。

 

楽天市場

正宗さんと村正さんってお知り合い?

何故知らないの?

ってなりますけれど、正宗さんと村正さんの生まれた時代が全く合わないんです。

正宗さんは鎌倉時代の刀鍛冶、村正さんは室町時代の刀鍛冶です。

合わない理由なんですよね。

 

更に正宗さん弟子は村正さんと言われていますけれど、これは違いますよ。

正宗さんの弟子は村正さんではなくて「貞宗」って言われる方なんです。

 

なぜ有名になったの?

何故お互いに顔も知らない、この二人が有名になったって所ですけれど、

元々、「正宗」っていう日本刀は誰も知らなかったんですよ。

 

これを有名にしたのが、豊臣秀吉なんです。

この刀をみて「こんな名刀見たことない」と騒ぎ始めたことが事の発端なんです。

正宗自体「美」を追求した美術工芸品のイメージですので、切れ味は素晴らしいですけれど、

基本的戦いになるとすぐ折れちゃいそうですね。

 

一方、村正さんは刀作りに生涯を掛けたと言っていい感じの人で、刀を作りだすと誰にも合わない、

食も取らない、睡眠時間も取らないくらい異様な雰囲気な方だったらしいですよ。

元々は妖刀を作っていたわけではありませんけれど、妖刀っぽいイメージですね。

 

戦で使われていたのはどっち?

関ヶ原の戦いにおいて使用されたのはこの「村正」が多いのです。

村正っていう日本刀は伊勢の国、今でいう三重県の人で、村正っていう日本刀は、村正さんではなくて、

刀工軍団なんです。何名か集まって作られた日本刀なんですよね。

だから見た目も悪いですし、妖刀っぽいイメージはかなりあるんですよ。

 

村正を使用するに当たって、武器の需要性が当時の徳川家康の本拠地は(三河)愛知県東部だったからなんです。

村正人気は大反響を呼び、切れ味を追求した日本刀で贋作も出回る勢いでした。

 

なぜ妖刀って言われるの?

村正は人気ありましたが、村正は徳川家に対しては悪運を呼ぶ妖刀と言われています。

戦国時代から江戸時代初期にかけて次々に徳川家に村正が襲いかかるのです。

 

始まりは家康の父、松平清康が部下によって暗殺されました。

その子供である広忠も暗殺され、家康自身も村正で怪我をしています。

これが「妖刀村正」と呼ばれ出した理由なんですよね。

 

楽天市場

実際どうなの?

でも実際は違うと私は思いますよ。

当時人気の村正を皆さんが所持していたのでしたら、当然使われる武器も村正になります。

現に徳川家に仕える家臣も村正を所持していたみたいですから。

当時、天下の徳川家に背いたというのなら村正さんは打ち首獄門もあり得ますけれど、

実際そういうことはありませんでしたし、所持する者を呪う妖刀ならみんな呪われているはずですよね。

でも何も起こっていません。

 

現に徳川家康もこよなく愛した日本刀なんです。だから徳川美術館に「村正」があるんですよ。

これは歌舞伎や小説等で後付けされてしまい、

「名刀正宗」に対抗して「妖刀村正」と今現代にも受け継がれているのです。

 

まとめ

日本刀は二度と作れない貴重な物です。

歴史を後付けで「妖刀」何て呼ばれている村正の汚名は、

いつまでも語り続けて行くと私は思っていますけれど、

きっと、いつかその汚名返上出来る日を密かに願っています。

 

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ