【日本刀 逸話伝説】五ヶ伝の美濃伝は難しいって思います。

美濃伝は難しいって思います。

d3ca609abffac6dadc44b2abaa8d5d30_s

美濃伝はやっぱり関孫六さんですね。有名な刀工です。

孫六兼元ですけれどね。

美濃伝は大和伝出身で、

志津三郎兼氏が美濃の国志津の地に移り住んで一派になって美濃の刀工の祖になっています。

地がねは板目が流れていますね。

刃は尖り互い目で三本杉っていう独特な刃紋です。

この時点で孫六さんなんですけれどね。

楽天市場

 

美濃伝の特徴

美濃伝の特徴は互の目と刃紋ですけれど、相州伝の作ですので、

美濃伝を見るには室町時代からですね。

南北朝時代には、大和伝千手院一派の刀工さんが集まっています。

基本的に美濃伝は大和伝の源ですので、名刀は少ないんです。

ただ、美濃伝は切れ味と実用的に優れていますね。

美濃伝は誤解が多いんですよね。

美濃伝の殆どがどうしても関孫六さんになってしまうんですよ。

本当は室町時代中期以降の伝法なんですけれど。

美濃伝は大和伝に近い感じですね。

 

美濃伝の凄さ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

天下を取っている織田信長、豊臣秀吉、徳川家康もそうですけれどね、

初めから、名刀は持てないって思います。

戦場で闘い勝ち上がって来ています。

その時に使用されていることが美濃伝の歴史の凄さなのですけれど…。

やはり、上になれば名刀をってなりますね。

その天下を取る為に活躍しているんです。

美濃伝の凄さはきっとこういう所なんだよって伝わってくれたら嬉しいって思います。

 

関孫六さんだけではないんですよっていうことですね。

美濃伝は意外にコストも低くて需要が多かったんですよね。

こんな感じに五ヶ伝って分かれています。

 

楽天市場

まとめ

基本的に完成度が高い備前伝、

後付けの大和伝、技術の相州伝、美を求めることが多い山城伝って私が思います。

色々な作風があって人気の高い名刀や、名刀は少ない大和伝、

美濃伝等々こういう風に分けることによって分かりやすくしているんですよね。

 

日本刀っていうこと自体多すぎですから、分けていると分かりやすいんですよね。

色々な作風やその国や地方の技法を使うことって大切なことだと思います。

自分が住んでいる所をアピールすることが日本刀造りにも使用されていますから、嬉しいって思います。

 

こうして現在も日本刀って伝わっているんですよね。

本当に伝統ってすごいって思います。

美濃伝は国宝はありません。国宝よりも大切なことを伝えてくれたのが美濃伝だと思っています。

一番古いんですよね、南北朝時代からですので…。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ