【日本刀 逸話伝説】武士に右利きが多い理由

武士に右利きが多い理由

0bced3d5b45aaebb70886df42f7570fb_s

刀は腰帯の左側に差して歩き使う時は右手で抜きますよね。

左利きの人は右側に差した方が当然抜きやすいんですよね。

余談ですけれど。私もそうですから。(左利きです。)

だけど、歩く時、並ぶ時に右に差したり、左に差したりしていますと隣の人と鞘が

当たってしまうからです。

 

楽天市場

なぜ右利きが多いの?

合戦の時、密集隊形になることを考えるとね、刀、槍、弓、鉄砲でも右利きに

統一してた方が良かったんですよね。

近代でも各国の部隊でも右利き用しか兵士に支給されなかったんです。

江戸時代の街を歩く時は左側通行です。

その方が壁側に鞘が来るからすれ違っても鞘がぶつからないんです。

あとは食事の席も狭い間隔でお膳が並ぶから、左手で箸を持つと左側に

座った人の右肘にぶつかりやすいですよね。

武士の場合町人や農民の人よりも公式の席に招かれることが多いと思います。

だから右利きに矯正されたのだと思っています。

 

なぜ左利きじゃだめなの?

左利きにみんなが矯正すれば良いと思う人もいると思いますけれど、

左利きでは駄目なんですよね。

西洋のイメージをすれば一番分かりやすいと思いますよ。

兜に鎧、盾は剣はどっちの手でしょう?

剣は右手、盾は左手だと思います。

これの理由は、左側に心臓がよっているからです。

心臓は左側にはありませんよ。中心より左側にあるということです。

心臓を刺されると当然死にます。剣は主に突き技ですので、

心臓を突かれないように盾で防ぐんですよね。

だから右利きに矯正されてしまったのです。

 

楽天市場

まとめ

宮本武蔵は左利きだったそうです。

いくら治そうにも治らなかったので二刀流にしたという諸説がありますけれど。

二刀流の人もなるべく左側に差して歩くんですよね。

ただ、新撰組の斎藤一は左手で刀を抜いていました。

斎藤一だけだと思いますよ。左手抜刀していた人物ですけれど。

「左片手一本突き」が正式名称で、土方歳三が考案したものです。

それを真似して、るろうに剣心では、斎藤一の技は、「牙突」になっていますけれどね。

アニメでも突き技や藤田五郎は実話ですから良いと思っています。

ただね、性格ってあんなに冷たかったのでしょうか?と思っています。

アニメの世界ですから。気にしないで下さい

今現在の左側通行は昔からあるんですねとびっくりしています。

そういう文化は日本刀から来てると思うと嬉しく思う私ですね。

日本刀から来てはいないと思いますけれど。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ