幕府とは?鎌倉:源頼朝、室町:足利尊氏、江戸:徳川家康の共通点って

幕府ってなーに?

3b1597155e4999e3d4c04424d8adc5d3_s

幕府は意味は分かりますよ。

幕府って武家政権のことです。

鎌倉にあったから鎌倉幕府

京にあったから室町幕府

江戸にあったから江戸幕府

あったからっていうのは、武家政権のことです。

 

楽天市場

幕府とは

この三つの武家政権、その組織を便宜的に呼んでいた言葉が「幕府」っていうんです。

歴史用語みたいな感じに思って頂ければ分かりやすいって思います。

今の時代も言いますよね、「安倍内閣」って。

安倍晋三って言わないのと少しだけ似ていますね。

 

幕府は源頼朝、足利尊氏、徳川家康が「幕府を作ったよ。」って宣言したことはないんです。

あと、当時から、幕府って呼ばれていたわけでもありません。

幕府は三つありますけれどね、組織のトップが朝廷から、

「征夷大将軍」に任命された人物っていう共通点があります。

更に共通点をって言えば、長く続いたことです。

 

鎌倉幕府の場合は源の頼朝から始まって、藤原氏、親王って変わっていますけれど、

政権自体は続いていますよ。

基本的にこの「征夷大将軍」っていうことが関係しています。

中には名目だけっていう例もありますけれど…。

 

楽天市場

征夷大将軍がトップ

征夷大将軍をトップにしています武家政権のことを「幕府」って呼んでいます。

後付けですけれどね、「幕府」っていうものはですけれど。

ですけれど、幕府って征夷大将軍が関わっているのって言えば、これも後付けなんです。

まずは幕府が出来るまでですけれど、「朝廷」っていう所が京で政府を動かしていたんです。

でも、地方で働く人達が「国司」等の要求に答えられなくなったんです。

国司っていう意味は後の武家のことです。

 

出来なくなって、後の武家ですけれど、国司から、「権力を寄こして」っていう感じになりました。

そこで、朝廷の公家と幕府の武家に分けたんです。

分けることで、朝廷は権威と外交の機関になって幕府が利権の分配を行うことになったんです。

利権の分配は政務のことです。

征夷大将軍は幕府とは関係無いんです。

 

これは、地方で征圧や何かの乱が行った時は、天皇が兵を集めて出陣していたんです。

天皇は皆さんもご存じだと思いますけれどね、京都にいたんですけれど、天皇が動かないと、

誰かが動かないといけません。

本当なら、近衛大将が動くって思うんですけれど、

この近衛大将は常に天皇の側から動かないんです。

 

在京っていうことが役割でしたから。

天皇の側から動かないっていう役割のことです。

なので、敵地に向かうことは大変だったんです。

日程通りにいかなかったり、敵地に着く前に敵に遭遇してしまったりで大変でした。

そこで、派遣軍の将軍に一定の権限を与えたんです。

 

直軸の軍勢のみで、指揮出来る政府、軍府っていうことで「幕府」ってなったんです。

征夷大将軍っていうのは、在京が基本の近衛大将よりも、

そんなに高くない高位ではなくても就任出来るのが「征夷大将軍」なんです。

多分ですけれど、幕府は征夷大将軍っていう定義になっていった理由かなぁって思います。

 

まとめ

あと、征夷大将軍は源氏っていうことは足利義満が決めただけのことなんです。

征夷大将軍がいなくても、幕府は開けていたっていうことなんです。

幕府=征夷大将軍は関係無いっていうことですね。

 

それよりも、私は早く日本の首都を決めて欲しいかなぁって思っています。

日本には首都がありませんから、そろそろ真面目に決めて欲しいって思っています。

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ