牛若丸こと源義経の壇ノ浦の戦いでの八艘飛びってなに?

牛若丸こと源義経の壇ノ浦の戦いでの八艘飛びってなに?

004419

もうこれって神業ですよね。

八艘飛びって言えば、壇ノ浦の戦いを思い出します。

「源義経」の八艘飛びですね。

教経はって名前似ていますね。

 

平家です。義経は源氏です。ややこしいね。名前書きます。

能登守教経っていう平家の人物はね、鬼神の様に強いんですよ。

でも、壇ノ浦の戦いで負けてしまったけれど、それでも、

敵の大将だけは道連れにって一矢迎えて死ぬ覚悟を見せます。

武士道とは死ぬ事と見つけたりですね。

 

平家側も、決着は着いたからね、これ以上の争いは無意味っていう事を言うんだけど、

鬼神ですから、敵である源義経のみを狙うんですよね。

義経の船を見つけて、乗り込みます。義経ピンチです。

襲いかかる能登守教経ですけれど、義経はひらり、ひらりと飛び上がり、

船から船へそして八艘彼方へ飛び去って行きましたって忍者?仙人?

義経の八艘飛びです。有名ですので。

 

実際はね・・・。

イメージ総崩れです。

義経って、小柄で、身軽るっていう事は五条大橋でも有名ですよね。

999本の刀、そして千本目に出くわした相手が「牛若丸」。

身軽さ故に、ひらりとかわす義経ですけれど…。

基本的に八艘飛びで、橋から橋へ飛び回れるわけではありませんからね。

それ出来てたら、従兄弟の源頼朝にも勝っています。

正確には、「一艘飛び」です。

小柄ですからね、軽い甲冑を着てたらしいっていう事、後はね、

すぐに逃げれる為の方法を考えていた源義経です。

船の上を六メートルって。

凄いですよね。

 

まとめ

八艘飛びはね、船数です。「一艘」、「一隻」っていう事で、

実際は、義経が飛んだ距離はね、弓の長さの二倍くらいだったそうです。

それだけでも、身のこなし、動体視力が良いって思います。

八艘飛びは先ず無理って思いますから。

でも、夢があって良いかなぁ。

何だか凄いイメージですよね。

八艘飛びって。実話でしたら良かったって思いますけれどね、

そう簡単にはならない事を「夢」や「偽り」になってしまうのかなぁ?

でも、源義経の八艘飛びって良い響きですよね。

服部半蔵の伊賀越えよりも良いって思っています。

単なる義経好きな私です。

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ