戦国武将の名言に学ぶ!前田利家☆「人間は不遇になった時、」の意味?

戦国武将の名言に学ぶ!前田利家☆「人間は不遇になった時、」の意味?の記事です。

605443

【人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知る】

「前田利家」

これはね、へし切長谷部です。

前田利家のお気に入りの茶坊主が前田利家に無礼な事をしたんですよね。

そこで織田信長が激怒して斬り殺されるのを助命して無職になってしまったんです。

織田信長の側近からいきなり無職になってしまった前田利家は、

それまで仲の良かった人物達も敬遠されてしまって、

最終的には生活にも困るようになってしまいました。

 

楽天市場

救ってくれた人物

路頭に迷ってしまった前田利家を救ったのが、豊臣秀吉だったのです。

後に、前田利家は豊臣五大老の中心人物になっています。

きっと恩返しって思います。

それなら素敵な事って思いますね。

 

本当の友情ってこういう時に分かるって思います

本当に自分自身が困った時、本当に助けてくれる人間はね、少ない世の中ですけれど、

秀吉はそれを実際にやっています。

こういう親交関係っていう物っていざという窮地に陥って初めて分かる

物っていう意味ですね。素敵な事って思いますよ。

 

戦国武将の名言に学ぶ!前田利家「人間は」の意味?まとめ

なかなか難しい人間関係の中で、こういう事ってあるのかなぁ。

魔法使いではありませんから何ともいえれませんけれど、

この時の前田利家は少なくとも秀吉に対して、

一生忘れられない出来事って思っています。

本当の友情って見つける事は難しいですけれど、

出来ればこういう人物に出会いたいって思います。

なかなか難しいって思いますけれどね。

お友達は大切にするっていう良い名言です。

 

 

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ