戦国武将名言の意味!真田信繁「恩義を忘れ,私欲を貪り,人と呼べるか」

戦国武将名言の意味!真田信繁「恩義を忘れ,私欲を貪り,人と呼べるか」の記事です。

096300cf5909de82803bfe6b1af588b4_s

「恩義を忘れ、私欲を貪り、人と呼べるか」

 

楽天市場

真田信繁「恩義を忘れ,私欲を貪り,人と呼べるか」の意味とは

受けた恩の方が、地位や名誉、お金よりよりも大切。

そういう意味って思っています。

真田信繁は、真田家でもこれっていう程の活躍はなかった人物です。

真田家は優秀過ぎて、目立たなかった存在ではあるんですけれど、

事実「真田信繁」もこれっていう事も余りやっていない人物なんです。

 

名言が何故出来たの?

そうなりますけれどね。

真田信繁が唯一活躍した「大阪の陣」で、豊臣家に可愛いがられ、

徳川家の誘いを断っています。

恩義があったって思いますよ。

勝ち目の無い大阪の陣で、恩の為に全力を尽くした信繁は最後は徳川家康を

落ち込んでいますから。

諸説もありますけれど、今の現代社会に生きています人達にここまでの心って持っていますか?

家族以外の人の為に頑張ろう、損得勘定なくて、恩義を返そうっていう人って

少ないって思っています。

 

真田信繁

現在は美化され過ぎて、批判が多い人物ですけれどね、

この名言は素晴らしいって思っています。

九度山での生活が嘘のように思ってしまうくらいの最期の戦いは、

負けましたけれど、得る物も大きかったって思っています。

 

楽天市場

戦国武将名言の意味!真田信繁 まとめ

人は恩を忘れる物って聞いた事があります。

確かにそうなのかも知れません。

その時さえ良かったら良いんです。

私自身もそういう考え方ですけれどね、相手によるって思っています。

きっと真田信繁に取っては、命に代えても大切な「恩」だったって思っています。

是非とも見習いたい名言です。

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ