江戸幕府16代将軍とは誰?幻の徳川家将軍消えた儚い夢

消えた儚い夢、幻の16代将軍

b6d2e8bde3fa677f9fdbd46d398e1e2b_s

徳川家は15代将軍慶喜で終わりを告げました。

徳川家も、幕府もそんな予想をしていたわけではありません。

きちんと後の後継者は決まっていたんですけれど・・・。

戊辰戦争勃発、幕府敗北に終わった徳川家です。

 

徳川16代将軍

16代将軍は、徳川家達っていう人物ですけれどね、

幻の16代将軍になってしまったっていうわけで…

徳川家茂は14代将軍ですけれど、遺言に記載しています。

父親が従兄弟ですので、後継者にって田安亀之助にって。

田安亀之助は幕府が滅ばなかったのでしたら、徳川家達っていう名前になって、

徳川家を支えていったって思いますけれど・・・亀之助さんですね。はい。

篤姫がね、家茂の姑ですから、後継者にはまだ無理ですっていうんですよ。

当時4歳ですから家達さん。

そうなりますけれど、篤姫って怖いですね。

 

15代将軍

もう分かりますよね。14代将軍を争った人物が候補になってしまいます。

それが一橋慶喜です。徳川慶喜ですけれど。

篤姫ってね、あんみつ姫とか決してそんな事言えれない存在なんですよね。

あの勝海舟さえ、驚くくらいの実力者になっていますので。

聡明さで今の徳川宗家がどういう状況で、何をすべきって理解しているって

凄いって思います。これ事実です。

篤姫自身の考え方はね、家系や血筋、そして身分では生き残れないって。

能力の問題で、家系を継ぐっていう事が、これからの時代ですっていう篤姫は

素晴らしいって思います。

勝海舟も分かっていたって思いますけれどね、篤姫がそれを感じていたっていう事は、

もう分かりますよねっていう事です。

 

まとめ

時代の流れを読むっていう事は本当に難しいんですけれど…。

本多忠勝さん不要っていう意味も、15代将軍が慶喜になったっていう事も分かります。

先に先に進んで行かないという事は分かりますけれどね、

本多忠勝さんが少し不憫に思っています。

結局は幕府は負けましたけれど、もしかしたらこの時から現在までそう言った考え方は

続いているのかなぁって思ってしまいます。

16代将軍の夢は消えても、生きていれば何とかなるって信じて生きたいですね。

大政奉還した慶喜さん。

この時に家達さんはどうするべきなの?って考える時だったって思っています。

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ