戦国武将名言!織田信長☆「人城を頼られば城人を捨てる」の意味とは?

戦国武将名言!織田信長☆「人城を頼られば城人を捨てる」の意味とは?の記事です。

ecaf524e96195af536ce486c70357f78_s

「人城を頼られば城人を捨てる」

これは、名言集買っていますけれど・・・意味が記載されていないので全て憶測です。

城って今で言います「家」ですよね。

城が人を守ってくれたりはしません。

城を人が守るっていう意味かなぁ?

落城してしまうとそこで終わりですから。

「油断大敵」っていう事ですよ~。

 

楽天市場

「人城を頼られば城人を捨てる」の意味とは?信長の考え

城を建てるっていう事は、かなりの出費が必要ですけれど、人の命には変えられません。

城は住むところで、戦にも参加しないんですよね。

勿論、考えて行動も、会話も出来ません。

それなら、例え落城しても、人がいればやり直しは利くっていう考え方かな?

信長の考え方は、「命の方が大切」っていう事って思っています。

事実、信長の戦を見ていますとね、相手の城を落城させる事よりも、

その黒幕を殺めてる戦の方が多いんです。

人あっての城で、城は単なる住むところ。

「油断大敵」っていう事ではないでしょうか?

 

戦国武将名言!織田信長 まとめ

戦国武将名言!織田信長☆「人城を頼られば城人を捨てる」の意味とは?まとめ。

信長自身もそういう考え方があったみたいに「籠城作戦」って無いって思いますよ。

いずれ落城する物なら、先に攻めるっていう事が多いって思っています。

ただ、足元を救われてはいますけれど、信長に取ってのこの名言はね、

戦経験からの言葉って思っていますし、籠城よりも攻めて行く方が良いって思っています。

常に「油断大敵」を忘れない事。

命の大切さを教えている名言って思っています。

本末転倒にも取れますけれど・・・。

だからこそ、天下人に近い人物って言われ、戦にも負けては勝ちってって

ひとつひとつを確実にやって来た武将の素晴らしい名言ですよね。

油断しないで、気を使い、でも力を入れ過ぎないって難しい事ですけれど、

信長はきっとそういう考え方の戦国武将だったって思っています。

信長って凄いって思いますよね。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ