戦国武将の名言に学ぶ!上杉謙信「先のことは考えず」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!上杉謙信「先のことは考えず」の意味とは?の記事です。

ea10fa1ac5d3339dbfc1c01b25ba27df_s

【上杉謙信】

「先のことは考えず、目の前のことに全てをかけろ」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!上杉謙信「先のことは考えず」の意味

これだけではね、無謀って思いますけれど、この名言の言葉には、意味があるんですよ。

上杉謙信って負け知らずの武将ですけれど、それがこの言葉の意味なんです。

例えばですけれどね、領土を攻める事を考えて、

この相手なら4割くらいの兵力とか、無駄な労力は使わないんですよね。

ただ、上杉謙信の場合はね、全軍なんです。

何をするっていう事でも、全軍なんですよね。

戦国時代って領土を広げるっていう事が目的でしたから。

ただ、上杉謙信はね、領地には興味が無かったんです。

戦が好きなだけの人物ですから、目の前の相手を全軍で戦っていました。

上杉謙信の強さの秘訣なのかも知れませんけれど・・・。

勝っても、負けても悔いが残らない様にっていう意味なんですよね。

 

楽天市場

上杉謙信って

あと10年遅く生まれていれば、きっと天下って取れていたって思いますよ。

本人はそういう考えがなくてもね、朝廷から何かは言われていたって思いますけれど。

凄い強さですから。

織田信長は潰されていたって思います。

その前に、名前って出ているの?って思います。

 

まとめ

上杉謙信は蝦夷族相手に負けていませんから。

そもそも「征夷大将軍」っていう官位が作られました理由って

蝦夷族を抑える為なんですよね。

だからね、もしかしたらっていう可能性はあったって思います。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ