【日本刀 逸話伝説】鑑定士さんって本当に不思議なんですよね。

鑑定士さんって本当に不思議なんですよね。

 

242951

 

よく見掛けるのが「お宝何でも鑑定団」ですけれどね、あれは何を基準にしているんでしょうか?

以前、長曾根虎徹が出たことがあるんですよ。

あの長曾根虎徹ですよ。

贋作という贋作が出回った長曾根虎徹ですけれどね、本物でした。

本物って、凄い価値があると思いますよ。

 

大名クラスしか持てなかった代物

長曾根虎徹の時代って、井伊直弼が帯刀していました。

当時は大名クラスしか持てなかった代物なんですよね。

桜田門外の変で暗殺されましたけれど、この時期って、天保ですから、

八代将軍徳川吉宗の時代ですよ。

かなり価値の高い代物ですよ。

井伊直弼が持ってなくても、時代自体が凄いって思いますよね。

この見極め方と値段の決め方って何を基準にしているのって思ってしまいました。

もしかしたら、源清麿が銘を切っている可能性もあるわけですけれどね、

本物って凄いって思います。

 

本当に本物だったら

新刀は今でも作れますけれど、不純物が混ざって綺麗な状態では絶対無理なんですよ。

こんな貴重な代物を見極めれる鑑定士さんって「本当?」って思ってしまいます。

絶対無理だと思いますよ。

手相占いくらい信じてはいない私です。

でも価値がありますので鑑定士さんが言ったことは

信じて持っていたいとは思いますけれど、あくまでも参考程度になってしまいます。

わからないと思いますよ。

大名クラスしか持てなくて、本当に本物だったら金額もつけれないって思います。

徳川将軍代々受け継がれて指紋ももしかしたらついてる可能性もありますし、

長曾根虎徹も一口ではないと思いますから、どこまでが基準なのですか?

って教えて欲しいって思っています。

 

贋作を見極めれる鑑定士さんはいないって思っています。

いても信じて良いのかなぁって疑ってしまいますよね。

金額ってどうやって決めてるのかなぁ?ってやっぱり思いますもん。

 

まとめ

貴重な代物を斬新に使って欲しくないって思っています。

同田貫はすみません。余り価値はありませんけれど、それでも大切にして欲しいって思っています。

長曾根虎徹何か絶対ないって思います。茎でも見てもわからないと思いますよ。

贋作だらけですから。

基準がどういう物なんでしょうか?って不思議でたまりません。

うーん。やっぱり私自身疑ってしまいますね。

 

 

目次(サイトマップ)

 

 

戦国武将について分かり易く学びたい時は!

戦国武将についていろいろ調べたいのだけど、小難しいのは無理!

とっつきやすく、ビジュアル的に分かり易い本とかないの?

という時はコレ⇒超ビジュアル! 戦国武将大事典

ゲームから入りたい!

という場合はコレ⇒信長の野望・大志 with パワーアップキット -Switch






コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ