【日本刀 逸話伝説】千利休と信長、秀吉との関係は?お茶の錬金術師?

千利休は錬金術師?

445baf9c2450d2e9f8f895afdda5fca8_s

利休という人は織田信長によって、その価値を与えられた人物です。

茶道ってこの時代には極限られた人しかいなかったんです。

中世的権威を否定する織田信長は、新しい価値観の創造ということで茶湯に目をつけたんです。

千利休を宗家にしたんですよね。

 

楽天市場

千利休とは

千利休から言えばですけれど、織田信長っていう人物は、

自分の価値を見つけてくれた神様のような存在になるんです。

でも、本能寺の変があって、織田信長は亡くなりました。

千利休っていう人物はもう自由です。

頭を下げる人物がいませんから。

 

織田信長のあと、天下人にはなった豊臣秀吉ですけれど、織田信長の時代からいたから、

豊臣秀吉がいくら天下人って言っても元々は所詮、

織田信長の家臣だった人くらいの考え方だったんです。

そこから千利休は色々なことをやり出します。

 

茶道っていう新しい価値観の創造主ですから、誰に対しても尊大になっていったんです。

小さな大名なんかには、一礼すらしなかったって記録に残っています。

千利休はちょっとした「錬金術」を使いました。

茶器や茶道具の価値を決めるのは千利休です。

大元締めを行って態度もこういう言い方は失礼ですけれどね、偉くなっていったんです。

 

千利休の錬金術

二束三文で手に入れた茶器や茶具も万金の値を持つようになってしまうんです。

こういう方法で千利休は巨大な資産を手に入れるんです。

西洋の錬金術師とはかなり違いますね。

考え方ですけれどね。

 

千利休が傲慢さがさらに大きくなっていくんです。

それがその手に入れた資金の力なんです。

好き勝手な行動を始め出した千利休を疎ましく思ったのは、豊臣秀吉です。

自分勝手に価値を創造する千利休を苦々しく思っていたんですけれど、

茶道っていう新しい価値観を利用していた豊臣秀吉は即座に断罪することが出来ませんでした。

 

千利休に取っては、豊臣秀吉すら同等の相手だよねっていう考え方だったんですよね。

織田信長の元家臣ですからね。

秀吉の叱責も効果がなかったんです。

 

楽天市場

まとめ

でも、いつしか実質的な天下人の豊臣秀吉と新興価値観の創設者の千利休ですから、

深い溝が出来てしまいました。

自制心が衰えた晩年の豊臣秀吉が千利休に切腹を命じました。

千利休の肥大してしまった自我と忍耐力を失った秀吉の切ないお話ですね。

千利休が傲慢ではなければ、こういう事にはならなかったのですけれど…。

 

目次(サイトマップ)

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ