戦国武将の名言に学ぶ!藤堂高虎「常に良き友と話し、異見」の意味とは?

戦国武将の名言に学ぶ!藤堂高虎「常に良き友と話し、異見」の意味とは?

be2972ed48e05cb64f91f80ac26d3895_s

【藤堂高虎】

「常に良き友と話し、異見をも受け申すべく候 人の善悪は友による」

 

楽天市場

戦国武将の名言に学ぶ!藤堂高虎「常に良き友」の意味

そのままです。

良いお友達は良いお友達が出来て、良い事も悪い事も言えますけれどね、

悪い友達を持ってしまいますと本当に困るっていう名言です。

 

問題点ですけれど・・・。

どこでその境界線ってわかるのでしょうっていう所ですね。

人間は、きっとみんな綺麗に見られたいって思っています。

だからこそ難しいのかも知れません。

堂高虎は、友達も多かった人物です。

多くありませんと大工さんって無理ですから。

きっとそういう現実を体験していたのかもって思います。

なかなか難しいんですよね。

こういう見分け方って。藤堂高虎は慣れていたのかなぁ?

体験して辛かったのかも知れないって思っています。

 

藤堂高虎

人当たりも良くて凄く親しまれていた人物です。

お城を建てるのには協力する事が大前提ですから。

良い事言いますね。

 

楽天市場

まとめ

この名言は、今の世の中にも通じています。

ここまで難しいっていう言葉ではありませんけれど・・・

言葉以上に酷くなっているって思っています。

きっと、こういう事を見直していけないって思う世の中ですけれどね、

何とか見直して欲しいっていう気持ちはあります。

それが出来ないから人間なのかも知れませんけれど・・・。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ