【日本刀 逸話伝説】真田信繁(幸村)は何をした人物?大阪の陣で家康を?

真田信繁って誰?

真田信繁は、父真田昌幸、母宇多頼忠の娘の間の次男として誕生しました。

父昌幸は、武田信玄の弟で武田家の二十四将の副大将の武田信繁の名前をもらいます。

武田信繁は兄の武田信玄の片腕として活躍した武将です。

勇猛果敢な武人の名前を付けられたんですけれど、

何故か「真田幸村」の名前の方が有名ですけれど。

真田幸村の名前の出は「難波戦記」から人気が出てそのまま定着していったそうですね。

 

楽天市場

真田信繁(幸村)はどんな人?

真田信繁は武田方の武将で、父昌幸と共に豊臣秀吉方に組した人物です。

関ヶ原の戦いで破れてから豊臣秀吉滅亡まで豊臣秀吉の為に戦った最後の頼みの綱ですけれど、

運の無かった武将です。

殆ど大阪方の負けの決まった大坂の陣で敗戦濃厚な中、一矢報いる為にいろいろな作戦

を立て家康を死に追い詰めた人物ですね。

 

真田信繁(幸村)の逸話

この真田信繁は逸話が多いんですよね。

まず、真田十勇士なんかはいません。フィクションです。

猿飛佐助はいませんけれど、モチーフになった人物はいます。

 

 

史実なのは、二の丸の堀まで埋め立てられて、裸城同然になった大阪城の南面に徳川方主力が

集結していました。

徳川方の先鋒、本多出雲守忠朝、命令無視して抜け駆けした松平忠直です。

対する大阪方南面の守りの中心は毛利勝永と真田信繁で、毛利勝永が本多出雲守忠朝と

松平忠直と真田信繁が戦ったと思います。

 

毛利勢が巧みな戦術で本多勢を撃破して、大将の本多出雲守忠朝は戦死するんです。

両翼の片方が総崩れ成功した毛利勢は、真田勢に加勢し、松平勢も撃破しました。

真田勢は松平勢の正面を突破します。

幾度となく襲いかかる徳川方の備えを突破します。そして、遂に家康の本陣まで突入します。

旗本集は総崩れで家康の金扇の馬印も倒れたそうです。

家康を守る為に必死に防戦したのは大久保彦左衛門くらいだったそうですよ。

家康は馬に乗って辛うじて逃げたみたいですけれど、一時は、自害も覚悟した程追い詰められたと

真田信繁の活躍は凄かったらしいです。

 

でも活躍はここまでだったのですよね。

松平勢が時間と共に軍勢を建て直し、真田勢は壊滅しました。

真田幸村は満身創痍で戦場を離脱しました。

安居天神社で休憩していた信繁は松平勢の鉄砲頭、西尾久作に討たれてしまいます。

首実検で、家康の前に出された幸村の首は信繁の叔父で徳川方に付いていた真田隠岐に

よって信繁に間違いないと証明されました。

信繁を討った状況説明を求められた西尾久作は、槍を数合、合わせた後討ち取ったと嘘を言って

家康に見破られ大喝されました。

 

楽天市場

まとめ

簡単に言えばですけれどね、真田家は、父昌幸と兄が凄いエリート過ぎて、信繁の活躍が

少なかったのは事実なのですよね。

でも、戦いもろくに知らない武将だったけれど、その誇りと勇姿は認めたいと私は思っています。

一番悲惨だった幼少期に比べると、ここまでやった武将は本当に素晴らしいと思います。

因みに、真田丸は船ではありません。

二の丸みたいな感じの迎え撃つ入り口みたいな感じのことですね。

 

 

関連記事

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ