幕末志士名言に学ぶ高杉晋作「人間というものは困難は共に」意味とは?

幕末志士名言に学ぶ高杉晋作「人間というものは困難は共に」意味とは?の記事です。

484003

【高杉晋作】

「人間というものは困難は共に出来る。しかし富貴は共に出来ない。」

 

楽天市場

幕末志士名言!高杉晋作「人間というものは困難は共に」意味

苦労や苦痛は分かりあえるけれど、幸せは分かりあえない。

そういう意味って思いますけれど、この言葉って今の現代社会では更に凄いことに

なっているって思いますけれど・・・。

辛い時同じ立場に立たされて支え合うっていう事は出来ますよね。

誰でも同じって思います。

人間って一人では生きていけないんです。

一人はさみしいですし、相談相手がいないって辛いって思いますよ。

逆に幸せでしたら、それを一緒には出来ないんですよね。

人間って勝手な生き物ですから、幸せは独占したいんです。

誰でもきっと同じ考え方って思いますけれど、それが人間なんです。

たまに憐れみの令で幸せを分けてくれる人もいますけれど、

富だけは分かりあえないんです。

何故なら考え方の問題ですから。

 

富っていう事

人間って生まれて亡くなりますけれど、その間に運っていう物があるんです。

運の良い人はお金持ちの家の子供で生まれて来ます。

又、そうではなくても、努力で掴み取る人もいます。

ただ単に遅いか早いかの問題なんです。

努力で掴み取った人はね苦労していますから、幸せを分けてはくれません。

 

高杉晋作の人生も、きっとそう感じたのかなぁって思います。

決して幸せな人生って思えないから。

普通よりも苦労しているって感じます。

高杉晋作の名言はこういう感じの言葉が多いんですよね。

努力しても報われないっていう感じですけれど・・・。

 

全てを批判はしていないのですけれど、辛い事の方が多かったって思います。

辞世の句がそれに値するって思いますから。

吉田松陰と本当はもっと一緒に居たかったのかも知れませんし、

幸せな人生だったのかも知れません。

それを感じるのはね、その本人なんです。

高杉晋作は名言で残していますけれど、幸せな時もあったって思いますから。

 

楽天市場

幕末志士名言に学ぶ高杉晋作 まとめ

私自身にはキツい名言ですけれど、全部が全部不幸ではありませんでしたから。

きっとチャンスを掴む事が出来なかっただけって思います。

「おもしろきなきこの世をおもしろく」ってそう思って人生過ごして

生きたいって思っています。

簡単な言葉が一番難しいんですけれど・・・ね、そう思わないとね、

人っていつか必ず壊れるんですよね。

不幸な時こそ試行錯誤する事が幸せになれるって思っていますからして

きっとそれが人生の大きな壁にぶつかった時に、支えになるって思っています。

みんな同じ人間ですから、困難は分かり合えます。幸せは分かり合えませんけれど、

その言葉の中に私は「情」を敢えて付け加えたいって思っていますから。

高杉晋作に出来る事なら会ってみたいな。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ