幕末志士の名言!坂本龍馬「日本を今一度洗濯致し申候」意味は?

幕末志士の名言!坂本龍馬「日本を今一度洗濯致し申候」意味は?の記事です。

d89e8bb37234e7c9ac4b8e1e6a392cba_s

「日本を今一度洗濯致し申候」

ってどういう意味なのでしょう?

 

楽天市場

坂本龍馬「日本を今一度洗濯致し申候」意味は?

日本は今のままでは確実に異国に潰される

それを防ぐには、徳川幕府のままではいけない。

坂本龍馬が大政奉還に至った決意にも取れますけれど、

当時の日本はそこまで酷かったの?って思ってしまいますね。

薩長同盟も納得してしまいますね。

でもそう思うのなら自分が動けば良いって思っていますけれど・・・。

薩長同盟って坂本龍馬だけではないんですよね。

中岡慎太郎も一緒にやっているんですけれど、どうしても「坂本龍馬」が有名になっています。

でも、誰かが動かない限り今の日本はなかったのかも知れないっていう

この矛盾な気持ちはどう思えば良いのかなぁです。

お陰様で今の日本がある分けですので、感謝しないといけませんけれど・・・。

 

幕末志士の名言!坂本龍馬 まとめ

人一人動かすっていう事がこんなに勇気のいる事を考えると坂本龍馬が

やった事はとても大きな事って思っています。

土佐から色々な国を見てそう感じたのならね、きっと、私自身もその当時を

見てみると同じように感じれるのかなぁって思っています。

一人の決意が国を変えたっていう大きな力はとても分からないですけれど、

今の日本にも、そういう人物がいてくれたらなって思ってしまうくらい

偉人って本当に凄いの一言ですね。

 

 

 

 

関連記事

名言まとめです。

 

 

 

 

 

 

 

楽天市場

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ